洗濯機の縦型とドラム式の違いって?

株式会社 reclaim

044-712-0030

〒213-0005 神奈川県川崎市高津区北見方3-7-6

営業時間:平日土祝 9:00 - 18:00

ブログ

洗濯機の縦型とドラム式の違いって?

ブログ

2017/08/09 洗濯機の縦型とドラム式の違いって?

ご観覧ありがとうございます。

今回は「縦型洗濯機」と「ドラム式洗濯機」の違いをご紹介します。

 

:ドラム式と縦型の違い:

縦型洗濯機のほうが容量が小さいものや安価な機種の種類がたくさんあります。

ドラム式の場合は大きめの容量が多く、金額も同等容量の縦型と比べて高価になる傾向があります。

 

 

・取出し口の位置

縦型洗濯機は、洗濯物の取出し口が本体の上部についているのに対して、ドラム式洗濯機は、本体の側面に取出し口が付いています。

これにより縦型は立ち姿勢で、ドラム式は座り姿勢や屈み姿勢で取り出します。

 

・洗浄方式

縦型は洗濯槽の底が回転し、渦巻き状の水流を作って洗濯する「もみ洗い」方式です。

ドラム洗濯機は、洗濯物を上から下に叩き落とす「叩き洗い」方式です。

 

・洗浄力

縦型洗濯機は大量の水を使い潜在を泡立てることで、短時間で一気に洗浄することに長けています。

短時間で頑固な汚れを落とすのが得意で、特に泥汚れに強いです。

 

ドラム式は節水状態で洗うことに長けています。

一方で、日本製品の標準設定では洗浄力不足と感じる人も多いですが、洗濯時間を長めに設定することで、洗浄不足は解消されます。

 

・乾燥力

縦型洗濯機についている乾燥機能は「おまけ程度」と思っていたほうが無難です。

縦型洗濯機で乾燥すると、シワになっていることが多い為、基本は天日干しとなります。

 

ドラム式の場合は、乾燥機能はピカイチで、衣類が絡まっていたりシワが目立つことも少ないという特徴があります。

また乾燥機能にも、ヒーター式とヒートポンプ式と2種類あります。

ヒーター式は高温で乾燥させるために衣類を痛めやすいと言われており、電気代もヒートポンプ式と比べると高くなります。

 

・洗濯物の追加

縦型洗濯機は、洗濯の途中で衣類などを追加することも可能な場合が多いですが、ドラム式の場合は、追加投入できないことがあります。

 

・騒音について

騒音未対策の場合、縦型洗濯機よりもドラム式洗濯機のほうが騒音レベルが高いものが多いのが現状です。

機種により静音モードがあり、その機種の通常モードと比べて体感で1~2割軽減されます。

 

アパートやマンションなどの場合には騒音も気になるという方は、購入する前に「○○dB」と書かれている数値を見てみましょう。

このdBは騒音レベルを数値化したもので、この数値によりどの位気になる音なのかの目安となります。

 

また、洗濯機用の防振ゴムや防振マットを使うことにより、気になる音も軽減できますので、検討してみてくださいね。

 

 

:今回のまとめ:

上記を簡単にまとめると、「洗浄力・短時間・天日干しが主体」なら縦型洗濯機がお勧めです。

逆に「節水したい・時間は気にしない・乾燥機が主体」であれば、ドラム洗濯機がお勧めとなります。

 

洗濯機に何を求めるかによって、検討してみるといいかもしれませんね。

 

 

株式会社 reclaim

電話番号 044-712-0030
住所 神奈川県川崎市高津区北見方3-7-6
営業時間 営業時間:平日、土、祝 9:00 – 18:00
定休日 日曜日

TOP