冬に故障が多い給湯器。故障の予兆とは…?

株式会社 reclaim

044-712-0030

〒213-0005 神奈川県川崎市高津区北見方3-7-6

営業時間:平日土祝 9:00 - 18:00

ブログ

冬に故障が多い給湯器。故障の予兆とは…?

ブログ

2018/01/30 冬に故障が多い給湯器。故障の予兆とは…?

ご閲覧いただきましてありがとうございます。

 

今回は冬に故障が多い給湯器についてとなります。

給湯器は高価なものですから、多少の不調ではついつい交換を先延ばしにしがち。

また壊れてから慌てて交換しようとしても、すぐに来てくれる業者が見つからなかったりします。

 

いざ故障した時に慌てない為にも、給湯器の故障の予兆を見逃さないようにして、交換する準備をしておきましょう。

 

 

:給湯器の寿命とは:

設計上の標準使用期間は10年間となっているものが多くありますが、一般的には10年~15年は使用できるとされています。

 

標準使用期間とは、安全に支障なく使用できる期間として定めている期間のことです。

メーカーでは、この期間を過ぎて使用すると経年劣化によるトラブルが発生する恐れがあるので、適切な点検などを行わずに使用するのは避けてくださいと明記されています。

また、標準使用期間で注意が必要なのは、製造年月日が始期となっているので、実際に使い始めてからの期間ではありません。

 

これらの年数についてはあくまでも目安なので、それよりも以前に異常が発生するケースがあります。

 

:故障の予兆とは:

よくある故障のサインは大きく分けて5つあります。

 

・給湯器から異音がする。

例えば「ピー」という甲高い音や、ファンが唸る音、点火時に小さな爆発音が聞こえるなどがあります。

 

・給油温度が一定を保てない。

温度が急上昇したり急降下したりと、設定温度が保てない現象のことです。

給湯器故障の予兆として見られるのは、全ての水栓から出てくるお湯の温度が保てない場合です。

一部個所からのみこの減少が起こる場合は給湯器ではなく水栓金具などの不具合の可能性があります。

 

・お湯になるのが遅い・お湯にならない。

(お風呂がぬるい・追い炊きできない)

お湯になるのが以前使用してたときより遅くなった場合やお湯にならなくなる現象があります。

またオート・フルオートタイプの給湯器での追い炊きができない場合や、設定温度よりぬるい場合も故障のサインとなります。

 

・異臭がする。

ガスの臭いがする場合は、まずはガス供給の会社へ確認をとりましょう。

プロパンガス(LPガス)を使用している場合は、ガスの残量が少なくなるとガスの臭いがすることがあります。

ただし、機器との接続部や機器内部でガス漏れしている可能性もあるので、自己判断せずに念のために点検をしましょう。

 

・黒煙がでている。

火事になる恐れがありますので、直ちに使用を中止しましょう。

また、仮に黒煙が出なくなったとしても、危険ですので交換しましょう。

 

:修理と交換どちらがお勧め?:

使用年数が浅い場合を除き、交換することをお勧めします。

10年近く使用しているものは、1度修理をしても次から次へと故障・不具合が頻出する可能性があります。

またメーカーの部品保有期間を超えている可能性もありますので、その場合は修理が出来ず新しく交換することになります。

1度修理しても、2度目の修理のときに部品保有期間外である可能性も考え、修理費用と相談しましょう。

 

当店でも給湯器の交換は受け付けておりますので、気になる方はお電話にてお問合せ下さい。

交換工事などの料金目安はこちらから確認できます。

 

 

 

株式会社 reclaim

電話番号 044-712-0030
住所 神奈川県川崎市高津区北見方3-7-6
営業時間 営業時間:平日、土、祝 9:00 – 18:00
定休日 日曜日

TOP